活動紹介・報告

袖ケ浦の民話の紙芝居

主催:袖ケ浦市郷土博物館 市民学芸員

根形公民館からの依頼を受け、3名の市民学芸員が、この日の幼児家庭教育学級に参加した8名のお母さんたちの前で、民話の紙芝居を披露しました。

 これまでは、紙芝居の絵をデータ化したものを大きなスクリーンに映し出す「スクリーン紙芝居」として実施していましたが、直接絵をめくりながらは初めて。3名は、入念な打合せとリハーサルを行い、堂々と本番を迎えました。

「どれも間山久彌(まやま・きゅうや)先生が、袖ケ浦のことをよく調べて掘り起こしたお話。図書館にも本があるのでぜひ読んでほしい」と話していました。

活動内容 5月24日(火)11:20~12:00 根形公民館 幼児家庭教育学級にて

演目

1.「坊さんの目薬」
2.「三夜様」
3.「こんぴら様とさきちの犬」
地図

アクセス方法
お問い合わせ先 袖ケ浦市郷土博物館
TEL:0438-63-0811
FAX:0438-63-3693
関連URL http://www.sodekyodo.net/activities/view/227
添付資料1
添付資料2
添付資料3
添付資料4
添付資料5

※掲載情報についてのお問合せは、直接各団体へお願いします。