活動紹介・報告

いろはの会 海賊禁止令を読む

主催:古文書いろはの会 (No,15)

2017年12月の例会は、天正16年(1588年)豊臣秀吉の歴史上有名な
『海賊禁止令』を取り上げました。
 令の名称は、通称であり、海賊停止令(ちょうじれい)、海賊取締令
ともいわれるが定めの本文は、3ケ条であり有名な刀狩令と同じ年に発せ
られている。

 又、海賊衆で有名な村上水軍では、平成28年4月に
 『日本最大の海賊の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上 海賊
  “Murakami KAIZOKU”』の記憶で日本遺産に認定されている。

活動内容  天正16年(1588年)の海賊禁止令は、諸大名に海民の取締りを厳重に
行わせることを通じて海上での海賊行為の絶滅を意図し、豊臣政権の
海上支配権の確認、強化を図ったものである。国土の支配者である天下人は、
海上の支配者でもあることを打ち出したこの法令は、倭寇の根絶につながり、
又後の北前船など海上交通の発展の契機となったと言われております。
(日本歴史大辞典)

 本文では、伊津喜島(斎島)で海賊行為を禁止したにもかかわらずまだ出没していると
名指しされており、島の伝承によると当時の島民は、秀吉により虐殺されたという。
これくらい厳しい法令であったようです。

 以下添付資料参照してください。

   添付資料1、海賊禁止令 定  本文
   添付資料2、同上  読み下し文
   添付資料3、村上水軍と海賊禁止令について(MEMO)
地図

アクセス方法
お問い合わせ先 郷土博物館古文書いろはの会 (今井)
関連URL
添付資料1 海賊禁止令原文.pdf
添付資料2 海賊禁止令読み下し文.pdf
添付資料3 村上水軍と海賊禁止令.pdf
添付資料4
添付資料5

※掲載情報についてのお問合せは、直接各団体へお願いします。

  • ログイン(登録済みの団体専用)

市役所からのお知らせ

  • 全て見る
  • 各登録団体の募集について
  • サイト利用規約
  • 協働事業提案制度

関連リンク

  • 袖ケ浦市ホームページ
  • 袖ケ浦市子育てポータルサイトはっぴー.ネット
  • 社会福祉法人袖ケ浦市社会福祉協議会